FORUM8とは

FORUM8とは
フォーラムエイトは、創業以来ソフトウェアパッケージ開発技術を基盤として、構造物設計をはじめ土木・建築設計を支援するソフトウェア・技術サービスを提供してまいりました。近年ではバーチャルリアリティの開発により、広くプロジェクト全体や交通・自動車研究、さらには情報システム全般で活用されています。安全安心に関わる技術は、社会的な要請がさらに高まり、当社では、ソフトウェア開発とそのサービス技術により、社会に安全安心をもたらすことを使命に行動しています。
当社の成長の基盤は、独創的な汎用ソフトの開発にあります。これまで、先進的なソフトウェア開発として他社に先駆け、バーチャルリアリティUC-win/Road、動的非線形解析UC-win/FRAME(3D)を成長させてまいりました。2009年にEngineer's Studio®、VR-Cloud®をリリースし、当社の戦略的な展開を支えています。これらによりBIM/CIMの実現につながる製品を展開してまいりました。クラウドサービスでは2013年にUC-1 for SaaSをリリースし、3DCADStudio®、3D配筋CAD Android版を提供。経産省のクラウド委託研究を受けたVR-Cloud®は多数の特許取得につながっています。また、“京”に代表されるHPCの活用を目指してスパコンクラウド®サービスも提供しており、FOCUS(計算科学振興財団)に研究室を設け、“京”の産業利用における事業採択も受けています。
一方、社内システムの改善、組織の強化のための活動としては、品質マネジメントシステムQMS、情報セキュリティマネジメントシステムISMS、事業継続マネジメントシステムBCMSやプライバシーマーク認証をはじめ、多くの国際規格を導入しています。2016年には環境マネジメントシステムEMSの認証を取得し、品質の向上とクラウドの普及による環境改善を目指しています。これらに自社開発の基幹システムが開発、営業を支援しており、2015年経産省より”攻めのIT経営”中小企業百選に選定されました。また、CRMベストプラクティス賞など多くの企業表彰を受けています。
製品サポート、サービスへの評価も高く、技術セミナーなども多くの方々に受講いただいております。広報誌Up&Comingは、本年120号発刊に至りました。2017年11月「第11回FORUM8デザインフェスティバル3Days+Eve」では前年に続き2回目の開催となった「自動運転コンファランス」にて4省庁からご登壇いただき、大変多くの皆様にご聴講いただけました。
当社は2017年5月で設立30周年を迎え、記念事業の一環として自社提供のTV番組「VRフレンズ」を開始し、さらに特番やシーズン2として「VRフレンズ2」の放映を継続しています。また、メインイベントである30周年記念特別講演・懇親会を盛大に開催することができました。併せて、当社の社史「フォーラムエイト30年の歩み、そしてこれから」を編纂し、周年記念出版として『VRインパクト ~知らないでは済まされないVRの凄い世界~』をダイヤモンド社より刊行しました。
今後も先進性、社会性、協調性という当社の理念を全社員が徹底遂行し、一丸となって皆様のご期待にお応えできる企業を目指してまいります。
UC-win/Roadについて
全世界のVR市場は2020年に現在の10倍の8兆円に到達すると予想されており、2016年は「VR元年」とも言われていますが、フォーラムエイトが3次元バーチャルリアリティUC-win/Roadをリリースし、いちはやくVR市場の開拓に乗り出したのは2000年。2002年9月にはソフトウェア・プロダクト・オブ・ザ・イヤー(経産省他後援)に選定、その後バージョンアップが重ねられ、現在は建築・土木に留まらない広範囲のプロジェクト全体や、高度な交通・自動車研究、ロボット開発などの分野でも活用されています。「バーチャルリアリティの時代」具現に向け、UC-win/Roadはさらなる展開を続けて行きます。
フォーラムエイト新ロゴについて
コンセプト概要:「特異点を迎えるFORUM8」
「コンピュータ、ITによる大きな変革の前夜、FORUM8が自ら変わるべき時を迎える。
政府システム、金融を含めた経済システム、あらゆるシステムが変革、革命という名のドンデン返し、かつて人類が経験したことのない、時代が目の前に来ている。
あらゆるシステムが変革しようとしている中で、FORUM8は最先端の役割を担う企業である。
それゆえに、まずは、FORUM8が、その先陣を切り、誰よりも先にそれを宣言すべきである。
特異点を迎えるための変革をFORUM8がリードする。
すでに人類は、地球規模の問題解決インフラ(=地球脳)を持っている。
今後は、そのインフラを効率よく機能させるための仕組みを模索する時期である。
アイデア創出のために、FORUM8が胎動する.無から無限永遠へ
無とは黒ベースを示し、無限とは光(白)を象徴する。光と空間のコントラストがすべてを表現する。
書体はシンプルイズベストにフォーマルに「何も飾らず」「何も語らず」感じるのみ
ここに、FORUM8がライブコネクティングで宇宙と全世界を網羅する。」   (協力:長谷川章氏)